シワはなぜできるの??3つのタイプ別の対策!

スポンサーリンク

顔にできた「シワ」。

アラフォー世代の悩みのひとつなのではないでしょうか??

「その人の生きてきた証なので美しい!」

というポジティブな意見も聞きますが、やはり正直な気持ちとしてはシワは出来て欲しくない・・・。

そもそもシワはなぜできるのでしょうか??

シワの3つの種類とその原因

シワといっても種類ががあって、それぞれできる原因がちがいます。

3つのシワとその原因は以下のとおりです。

加齢ジワ

真皮のコラーゲンやエラスチンがもろく壊れやすくなりシワとなってあらわれます。

肌の弾力をつかさどるコラーゲンなどが減少してしまうため、皮膚を支えきれずに、目の下のシワやほうれい線が深くなります。

また、紫外線が肌の奥に入り込み真皮のコラーゲン組織を破壊されることもシワの原因になります。

小ジワ

乾燥が原因となりできる細かいシワです。

乾燥して水分不足になった角層がしぼみ、その部分がシワとなります。

乾燥が原因なの若い人にもできることがあります。

表情ジワ

笑ったり、怒ったりして表情の変化によってできるのが表情ジワ

表情筋が過剰に収縮することで、皮膚に折り目がつきこれが跡となりシワになります。

加齢ジワ対策

加齢ジワの対策は、コラーゲンの量を増やすことが大切です。

ビタミンCやレチノールなどのアンチエイジング効果の高い抗酸化成分配合の化粧品を使うのがオススメです。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、保湿力をアップさせ肌にハリと弾力を与えます。

レチノールは、肌のターンオーバーを整えコラーゲンを増やす作用があります。

 

また、定期的なピーリングもおすすめです。

ピーリングによって肌のターンオーバーを促し、真皮の繊維芽細胞を活性化することでコラーゲンを増やす働きをしてくれます。

小ジワ対策

小じわは乾燥が原因となってできます。

小ジワは、皮膚が薄くて乾きやすい目元、特に良く動く目尻に出来やすいシワです。

表皮の浅い部分にできる小ジワは乾燥や日頃の手入れ不足が原因なので、スキンケアでしっかりと保湿することで徐々に改善していきます。

目元には、保湿成分と油分が入ったアイクリームがオススメです。

対策すれば改善可能な小ジワは見つけたらすぐに対策することが大切です!

表情ジワ対策

表情ジワは、長い間続けてきた表情のくせがシワとなって刻まれます。

真皮のハリや弾力が失われることで、そのくせが戻らなくなるので肌の保湿ケアを日頃から心がけましょう。

そして、眉をひそめてしまう、目を細めるなど、無意識でしているシワの原因となる表情のくせに気をつけましょう

さいごに

今あるシワを全て完全に消すことは残念ながら難しい。

けれど、しっかり保湿をし抗酸化成分配合の化粧品でケアすることで今よりも目立たないようすることができます。

シワができたからといって諦めないで、さらにシワが増えることを予防するためにも丁寧にケアしたいですね!

そして、シワ対策のため美肌のための紫外線対策も忘れずに。

 

スポンサーリンク