それ本当に魚の目、実はイボかもしれません!?

スポンサーリンク

数週間前のことです。

息子が「足に変なのができてる!」とお風呂上がりに報告にきました。

足の指を見てみると、そこには小さなものがポツッと出来ていました。
あ~これはきっと魚の目だな、軽く考えていた私。

しかし実はこれ、魚の目ではなくてイボだったのです!!

思い込みで魚の目シール

息子の足にできた何か。

きっと魚の目だろうと思い込んだ私は、家にあった魚の目除去用のシールを息子の足に貼ることにしました。

このシール通常は数日間貼ったままにしておくのですが、出来た場所が足の指だったためか翌日にはすぐにはげてしまいました。
また貼らないとね~と話しつつも、いったんそのままに。

幸い痛みなどはないようで、私もすっかりその存在を忘れかけた数日後のこと。
魚の目シールを貼っていた部分の皮がはげ、魚の目だけが明らかに大きくなっていたのです!

明らかにこれは何かおかしいぞ?!

息子も異変を感じて不安になったのか、さっきまで何ともなさそうだったのに急に痛い痛いと言い出す始末。
私も、これは皮膚科で見てもらわなければと思い病院に行くことにしたのです。

実はウイルス性のイボだった!!

病院に行き先生に、

「子供の足に魚の目が出来たんです。」

と言った私に、先生は息子の足を見て即一言。

「お母さん、これ魚の目じゃなくてイボだよ。」
「うつるやつ。他に出来てるとこない??」

えっ!
イボ??魚の目じゃなくて??
全く思いもよらない診断に衝撃を受けた私でした。

その正体は尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

息子の足にできたイボ。
正式には尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)という名前だそうです。

ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因のウイルス性のイボで、うつる可能性もあるとのこと。

このウイルス、健康な体には感染しないけれど免疫力が落ちていたり、皮膚に傷ができていたりすると感染してイボができるそうです。
息子の場合、足なので擦り傷などがあったのかもしれません・・。

ウイルス性のイボの治療は??

ウイルス性のイボと診断された息子が行った治療は、冷凍凝固法。

これは、綿棒に染み込ませたマイナス196℃の液体窒素をイボに押しつけ、患部の細胞を壊死させるという治療方法です。

こうすることで患部の下の細胞が活発に新陳代謝を繰り返すようになり、新しい皮膚が再生されて、イボを除去することができるそう。

要は低温火傷の状態になるのである程度の痛みはあるようです。
いざ先生が、液体窒素をしみこませた綿棒を息子の患部に3回ほどあてます。

息子は痛そうにしていましたが、グッと耐えている様子。
「痛かったでしょ?」
と終わってから聞いたところ、我慢できない程ではなかったそうです。

通常の火傷と同じように、そのあと数時間はズキズキと痛みがあったようですがそれも翌朝にはなくなったよう。

治療後はそのまま通常通りの生活し、2週間後に診察に来るように言われました。
そして、このイボがなくなるまで通院が必要なようです。

まとめ

足の裏に何かできると、タコか魚の目だろうという安易に思っていたことを反省。

今回、病院に行って本当に良かったです。
自己流で対処していたら、他にもうつっていたかもしれません。
息子のイボ、早く完治してくれることを願います。

もし気になるでき物があった時には、私のように自己判断せずに病院で診察をうけることをオススメします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です