正しい紫外線対策できていますか?紫外線で老けてるかも?!

スポンサーリンク

お弁当を持ってピクニックに出かけたり、外の空気を浴びながらのウォーキング。
アウトドアでの活動は心と体のリフレッシュにピッタリです。

けれどそんなアウトドアで、気になるのが紫外線対策ですよね。

老化の原因の8割は紫外線と言われているのを知っていますか?

後になって後悔しないように、しっかりとしたUVケアを心がけましょう!

紫外線は老化のもと

 

紫外線が肌に良くないとはいえ、まさか老化の原因の8割を占めているとはビックリしませんか?

私は、日頃の紫外線対策の甘さを本当に反省しました!
いつまでも、美しい肌をこれからも保つためには日頃から紫外線に対するケアが大切になってくるんですね。

紫外線が肌に与える影響

私たちの肌に大きな影響を与える紫外線。
その紫外線の種類、そして肌にどんな影響を与えるのか知っていますか?

紫外線はウルトラバイオレットライトといってUVと略されています。
UVという言葉はよく使われますね。

その紫外線は、UVC、UVB、UVAと分けられていて、私たちの住む地上まで届くのがUVBとUVAです。

強い紫外線を浴びると肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛みを感じたりすることがあると思います。
これはUVBが原因となっておこるサンバーンという即炎症です。

UVBは、細胞のDNAを傷つけてメラノサイトを活性化させてメラニンを生成します。
そして肌に炎症を起こしたり、シミやソバカスの原因になったりします。

これに対してUVAは肌にどんな影響を与えるのでしょう?
UVAは私たちの肌を黒くしたり、光老化を加速させてシワやたるみの原因になったりします。

SPF・PAとは

日焼け止めのパッケージに表示されているSPFとPA、この2つ違い知っていますか?

SPFは、Sun  Protection Factorの略

メラニンを増やすUVBをカットします。

UVBは、地上に届く紫外線の5%で表皮までしか届きません。
たった5%か・・そんな風に思った人もいるかもしれませんね。
けれど肌へ与える破壊力はUVAよりもとても大きいのです!

そして、細胞のDNAにもダメージを与えて皮膚がんの原因になるのです。
ですから、長時間外にいる時にはSPFの値の大きい物を選ぶ事が大切なんですね!

PAは、Protection Guard of UVAの略

シワやたるみの原因となるUVAを防ぎます。

UVAは、地上に届く紫外線の95%を占め雨や曇りでも降り注いでいます。

そして、窓ガラスも通過して肌の真皮の奥まで届き光老化を加速させてしまいます。
ですから、部屋の中にいる日もPA表示のある日焼け止めを使用することをおすすめ

日焼け止めの正しい選び方

日焼け止めのパッケージを見ると、SPFとPAそれぞれ値が表示されています。

ひとことで紫外線といっても季節によって紫外線の量も変化しています。

ですから、その季節やその時の状況によって日焼け止めを使い分けることが大切になってきます。

春 秋 冬の日常生活→SPF25/PA++

夏以外の季節も油断は大敵!
これらの季節もUBA、UVB共に降り注いでいます。
日頃から日焼け止めを使用して紫外線対策をしましょう。

夏やアウトドア(海や雪山など)→SPF40以上/PA++以上

一年の中でもっとも紫外線が降り注ぐ夏はしっかりと防御力のある日焼け止めが必要です。
そして、紫外線の影響を受けやすいアウトドアのシーンでは、夏以外の季節でもしっかりと対策をしてダメージを防ぎましょう。

日焼け止めの効果をしっかり得るために

日焼け止めを塗ったはずなのに、日焼けしてしまった(涙)
こんな風にならないためにも、日焼け止めの効果をしっかり得るためには、その塗り方が大切。

しっかりと量を塗り、塗りムラのないようにする。
皮脂や汗で流れることがあるので、2・3時間おきに塗り直す。
水のレジャーでは、ウォータープルーフタイプでも油断せずこまめな塗り直し。
フェイスラインや首、耳までしっかり塗る。

せっかく紫外線対策をするのですから、その効果がしっかり得られるようにしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

私は今まで、短時間の外出の時などは、ついつい紫外線対策をおろそかにしていました。

けれど、毎日の積み重ねがいつまでもきれいな肌を保つためには大切なんですね。

このほかにも、外出する時には帽子をかぶったり、アームカバーを利用したりと工夫をして、
しっかり紫外線対策をしてキレイな肌を保ちましょう!

スポンサーリンク