大人のニキビや吹き出物の原因は?ニキビを予防する方法。

スポンサーリンク

ニキビといえば「若い世代頃限定のもの」そんなイメージはありませんか??

けれど、実際には大人になってもお付き合いの続いているニキビ。
私たち世代だと、吹き出物といったほうがしっくりきそうですね。

私は若い頃はニキビとはほぼ無縁だったのですが、今になりニキビが出来るようになりました。
特に生理前や不規則な生活が続いた時にニキビ、吹き出物ができることが悩みです。

ニキビや吹き出物ができる原因は?

ゆいの
ニキビはなぜできるの?

その答えは、角質が毛穴をふさいでしまい皮脂が毛穴の中に詰まってしまいニキビ菌が繁殖するからなのです。
具体的に、どんなことがニキビや吹き出物の原因になるのか気になりますよね。

食生活の乱れ

どうしても甘い物が食べたくなる時ってありませんか?

私は、疲れが溜まるとついつい甘い物に手が伸びてしまいます。
しかし、この甘い物がニキビや吹き出物ができる原因のひとつです!

チョコレートなどの甘い物だけでなく、カフェインや刺激物もニキビのもと。
これらの食べ物は、皮脂分泌を促す作用があるので要注意です。

そして、食生活が不規則になることで起こるビタミンB2 、B6不足もニキビにつながります。
ビタミンB2、B6は脂質の代謝を促して、皮脂をコントロールしてくれる大事なビタミン。
この二つが不足すると皮脂過剰になってニキビの原因になるんです。

ストレス

ストレスを受けると男性ホルモンの一種アンドロゲンが大量に分泌されます。
このアンドロゲンは皮脂の分泌を促すので、皮脂が増えてニキビの原因になります。

乾燥

乾燥肌だとニキビや吹き出物が出来づらそうなイメージですが実はその逆。

皮膚は乾燥すると、足りない皮脂を分泌させようとします。
そしてこれが過剰な皮脂分泌につながってニキビや吹き出物の原因となります。

思春期のニキビと大人のニキビの違いは??

思春期の頃にできるニキビは、10代特有の皮脂量が増えることが原因です。

それでは、私たち大人のニキビの原因は何でしょうか?
それは、年齢と共に皮脂の代謝の低下が原因です。

皮脂が毛穴につまりやすくなりニキビができるのです。
そして、大人のニキビは口のまわりなどにできやすいのも特徴です。

ニキビを予防するために

ニキビのないキレイな肌を保つために日頃から予防しておきたいですよね。

ニキビを予防する方法をご紹介します!

洗顔をていねいに

ニキビの原因となるニキビ菌を繁殖させないためには、まず洗顔でしっかりと肌を清潔に保つことが大切です。
自分の肌に合った洗顔料で、丁寧に洗う習慣をつけましょう。

ビタミンB2、B6を摂取する

脂質の代謝を促して免疫力アップし、肌荒れを予防してくれるビタミンB2とB6。

食事での摂取が不足する場合は、サプリメントから摂取するのもオススメです。
どうしても年齢と共に低下する代謝を上げてくれ、ニキビの原因になる皮脂分泌をコントロールしてくれます。

お手入れにピーリングやゴマージュを取り入れる

予防のために、普段から手軽に取り入れられるのがピーリングやゴマージュです。

年齢と共に角質がどうしても溜まりやすくなります。
角質ケアを日頃からしっかり取り入れると良いですよ。

ニキビ予防はもちろん、お肌のターンオーバーも整っていきます。

ニキビができてしまったら

もし、ニキビができてしまったらその部分は雑菌が入りやすい状態になっています。

なるべく触らないようにして、髪の毛などが触れないようにしましょう。
また、ストレスや睡眠不足は皮脂の分泌を促すので皮脂を増やさないよう注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
顔にニキビや吹き出物ができてしまうと、気分が下がってしまいますよね。

日頃から、ニキビができないように規則正しい生活を送ってきれいな肌を保ちたいですね!

スポンサーリンク