髪も老化するってホント?美髪のもとになる食べ物とは??

スポンサーリンク

30代から始まるという髪の老化。
実は私も、ここ最近は自分の髪の変化が気になっているんです。
なんだか髪にハリがないし、以前よりもパサつきがちです。

そんな髪の悩みを
「加齢が原因だし仕方がない・・・。」
なんて簡単にあきらめられない。

『体は日々の食事から作られる』と言われますよね。
それは髪も同じです。

今日は、美髪の元になる食材をご紹介しますね!

30代から髪も変化する

昔は、ツヤがあった自慢の髪が年齢と共にパサつきが気になってきた。
そんな風に感じる人も多いのではありませんか?

普段、何気なくお手入れしている髪。
その髪がいったいどんな構造になっているか知っていますか?

髪は、中心から順にメデュラ、コルテックス、キューティクルという3つの層からできています。
そして、私たちの髪は9割ほどがコルテックスなのです。

このコルテックスには脂質が含まれているのですが、それが年齢とともに減少してしまいます。
そのために、年を重ねると髪がパサつくようになるのです。

そして、パサつきと同時に避けることができないのが白髪。
30代から白髪の生えてくる人が増え始めて、50代になると9割の人が白髪を保有しています。

私自身も髪の一番の悩みはこの白髪です。
30代になったころから少しづつ、白髪が生えてくるようになりました。
白髪が増えるとどうしても老けて見える気がしてテンションが下がります。

年齢を重ねると、パサつきや白髪そして髪のうねりなど色々と気になる悩みが増えていく。
それは、肌と同じで仕方のないことかもしれませんね。

髪に良い食べ物とは??

年を重ね髪が変化するのは仕方のないこと。
けれど、できることなら少しでもキレイな髪でいたいですよね。

髪に良い食べ物として代表的なのは海藻ですが、 それ以外にも美しい髪の元となる食べ物があるのでご紹介しますね!

鶏肉・大豆・エビ・ごま→アルギニン

アルギニンは保湿効果が高く、地肌と髪の新陳代謝を促します。
アルギニン誘導体が、髪の水分量を増やしてくれます。

鮭・エビ・カニ→アスタキサンチン

アスタキサンチンは血行を促す作用があり、頭皮や毛根の血行も良くなります。

卵・モロヘイヤ・ウナギ→ビタミンE

ビタミンEは、頭皮細胞を壊す過酸化脂質の生成を抑え地肌と髪を若々しく保ちます。
ただし、脂溶性ビタミンのため過剰摂取は控えましょう。
脂溶性ビタミンの過剰摂取は、水に溶けずに脂肪組織や肝臓に蓄積されるため副作用が出る恐れがあります。

牡蠣・数の子・牛もも肉・豚レバー→亜鉛

亜鉛は、髪の成分であるケラチンタンパク質を作ります。
そして、成長ホルモンの分泌を助け髪を健康に保ちます。
亜鉛不足は抜け毛や白髪の原因となるので気をつけたいですね。
タンパク質と亜鉛を一緒に食べると効果的です。

まとめ

いかがでしたか??

髪は、その人の印象を大きく左右する大切なパーツのひとつです。
キレイな髪の人は、やっぱり素敵です。

日頃の食事に少し気を使い、いつまでもキレイな髪でいられたら嬉しいですね。

スポンサーリンク