肌がカサカサ!乾燥肌のケア

スポンサーリンク

「肌がつっぱる」

「肌がカサカサして気になる」

気温が下がってくるとお肌の乾燥が気になり始める人も多いのではないでしょうか??

乾燥肌は、メイクのノリが悪くなるといったことだけでなく、シワやくすみ原因にもなるので油断禁物!

普段のお手入れ方法を見直し、しっかりケアをしましょう!

乾燥肌とは

そもそも乾燥肌とは、角質層から水分が減って肌表面がカサカサしたり、つっぱりを感じる肌の状態です。

寒い季節などに肌が乾燥するのは、空気中の湿度が低くなると角質層が影響をうけて肌の水分が減少するからです。

また、加齢とともに皮脂やセラミドなどが減ることで、角質細胞のすき間が大きくなり水分が蒸発しやすくなります。

潤った肌に近づくにはやはり丁寧なスキンケアが大切です。

乾燥肌が原因の肌トラブル

かゆみ

肌のバリア機能の低下することで小さな刺激にも過剰に反応するようになり、これがかゆみとして表われます。

しっかり保湿をして肌を乾燥から守ることが大切です。

ひび割れ

指先やかかと、くちびるなど皮脂腺が少ないところはひび割れしやすい箇所です。

乾燥することで肌の皮脂や水分を失い、肌の弾力が減って硬くなりひび割れが起こります。

シワ

角質層の水分量が減少すると、皮膚がハリを失って乾燥ジワが生じます。

早めにしっかり手入れをすれば元に戻りやすくなりますが、放置しておくと消えないシワになるので気がついた時にしっかりケアをしましょう。

くすみ

乾燥することで、肌の水分量が低下するとハリや透明感が失われます。

肌がくすむと、肌のトーンが暗くなり不健康なイメージになるので注意が必要です。

敏感肌

肌の水分や皮脂が不足することで、角質の一部がはがれてバリア機能が低下した敏感肌になってしまいます。

症状がひどくなると、少しの刺激でも肌がかぶれたり、かゆみを感じたりします。

乾燥肌のケア

肌の乾燥を防ぐためには、洗顔後の保湿が大切!

洗顔後すぐに化粧水で肌の水分を補い、その後は乳液やクリームなどの油分のあるもので皮膚にふたをして水分の蒸発を防ぎましょう。

肌が乾燥している時のケア

  • クレンジングや洗顔料を洗浄力の優しいものに変える
  • 保湿成分が多く配合された化粧品を使う
  • 乳液・クリームなどを使い水分をとじ込める
  • シートマスクやパックなど集中ケアできるアイテムを使う

 

乾燥肌にオススメの保湿成分とその役割

過度の洗顔などによって肌の油分が奪われると、水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥しやすくなります。

乾燥肌には、保湿成分の配合された化粧品でケアすることが大切です。

ヒアロルン酸、コラーゲン

真皮にもともとある成分で水分を保持しながら水分の蒸発を防ぐ。

湿度が下がった環境でも、水分をかかえこんでキープします。

肌のハリアップ!おいしいコラーゲンドリンクの口コミ!飲みやすいって本当??

2017.10.12

セラミド・レシチン

水分をはさみこんでしっかりとキープします。

セラミド保湿のスキンケアはこちら


スクワラン・ホホバオイルなどの自然油

ふたをして肌に入れた水分を蒸発させないようにします。

まとめ

肌の水分量は年齢と共に減少していき、さらに40歳以降になると皮脂の量も減少しはじめ、さらに乾燥しやすくなります

肌にしっかり潤いを与えて、その潤いをキープしていきたいですね!

スポンサーリンク