必見!ダイエット中だからといって無理して間食をやめてくていいよ。

スポンサーリンク

「なんか最近太ったみたい・・・。」

「もう少し体を絞って洋服の似合う体になりたい!」

そんな風に思ってダイエットを決意した経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

そんなダイエット中に我慢することといえば、おやつなどの間食ですよね。
この間食を我慢するのがツラい!と思っている方も多いかもしれません。

けれど、実はダイエット中こそ間食が必要ってこと、知っていますか??

ダイエットに大切な食生活

ダイエットを決意したならば避けては通れないこと。
それは食生活の見直しですよね。

とはいえ極端に食事を減らすダイエットは失敗のもと。
無理な食事制限は長続きしませんし、結局は挫折してリバウンドする原因となってしまいます。

何よりも大切なのは、朝昼晩の3食をバランスの良く食べること。
決して無理な食事制限をしてはいけません!

そして、そんなダイエット中に気になるのが間食です。

“ダイエット中は間食は絶対にダメ!”

そんな風に思っている方もいるかもしれません。
けれど実際にはダイエットしたい人ほど間食が必要なのです。

間食が必要なワケ

 

なぜダイエット中なのに、間食をした方が良いのでしょうか。

その理由は、空腹の状態で食事をした時に起こる急激な血糖値の上昇を防ぐためなのです。

お腹が空いた状態で食事をすると、血糖値が上がりインスリンがすい臓から大量に分泌されます。

糖は運動エネルギーとして使われますが、消費されずに残った糖はインスリンが脂肪細胞へと送り込んでしまいます。

つまり、血糖値の急上昇は脂肪を増やす原因となるのです。

  • 血糖値の急激な上昇を防ぐ。
  • 血糖値をできるだけ一定に保つようにする。

この2点がダイエットをするうえで大切になってきます。

急激な血糖値の上昇の原因となる空腹の状態を作らない
その為に間食を摂ることに意味があるのですね。

効果的な間食の取り方は?

ダイエットのためには、間食が大切だということはわかっていただけましたか。

けれど、好きな時にケーキやスナック菓子など何でも食べてOK、というわけではありません。

これでは、血糖値が上がりやすくなり太りやすい体になってしまいます。

それでは、どんな風に間食を取ると良いのでしょうか??

  • 食事と食事の間に空腹を感じたら間食をとる。
  • 血糖値の上がりにくいナッツやチーズをとる。

この2つに気をつけながら、間食をとるようにしましょう。

食べる量には気をつけて

ただし、空腹がいけないからといって常に満腹の状態では逆効果。

食事を控えめにして、空腹になりすぎない程度に間食をすることが大切です。

量としては、ナッツ類ならば手のひらに軽くのる程度。
カロリーとしては、200カロリー以下が目安です。

こうして上手に間食を取ることが、少しずつ理想の体に近づいていくコツなのです。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエット中の食事制限と空腹はとても辛いですよね。

けれど、実は間食をしてもいいということがわかって少し気持ちが楽になったのでは?

上手に間食を取りながら、一緒にキレイを目指しましょう!!

 

スポンサーリンク