アルガンオイルって何!?その効能と使い方

スポンサーリンク

美容のためのオイルにも様々な種類がありますよね。

アルガンオイルという名前は聞いたことがありますか?

美容オイルとして注目されているので、すでに愛用している人もいるかもしれませんね!

アルガンオイルは「モロッコの宝石」といわれるほど希少価値の高いオイルなんですよ。

 

アルガンオイルとは??

アルガンオイルとは、厳しい環境下にあるモロッコに自生するアルガンの木の実の種子からから採油される植物性のオイルです。

 

アルガンの木は、根が地下30mくらい伸びているのですが、8000万年も前からアフリカの地に生息していると言われている古い木です。

樹齢が150年から200年で、数年雨が降らなくても生き延びるほど強い生命力を持っていて、ビタミンEが豊富に含まれています。

 

ビタミンEがオリーブオイルの4倍から10倍も含まれていることから、抗酸化作用や血行促進、肌のターンオーバーを早める効果が期待できます。

オレイン酸の含有量も多いため、肌を乾燥や刺激から守る重要な役割を担ってくれます。

アルガンオイルの効能

アルガンオイルに期待できる効果効能は、皮膚軟化作用、保湿作用、エモリエント効果、抗酸化作用などです。

 

ビタミンEが豊富に含まれているので、体が老化するのを抑えるためのアンチエイジング効果に優れています。

保湿作用も高く、肌の奥に浸透するので、肌の各角層の間の細胞間脂質に作用して、水分と油分のバランスを保ってくれます。

ビタミンEは体内に吸収されると、皮膚表面に留まり肌に潤いを与えて血行を促進するので、新陳代謝が活発になります。

 

また肌だけでなく、頭皮に十分な酸素や栄養が送られると、髪の育毛や抜け毛の予防にも効果を発揮します。

 

リノール酸を多く含んでいるので、火傷やニキビに対しても効能があります。

肌の潤いを保つ角質間脂質のセラミドを構成する成分なので、火傷や傷跡に塗ると、セラミドの生成スピードが高まり、肌の回復を早くすることができます。

オススメの使い方

髪や頭皮に

アルガンオイルの使い方でオススメなのは、髪や頭皮に使用する方法です。

 

数滴を頭皮にもみ込んでマッサージすると効果的で、タオルやラップで頭を覆い、蒸すようにして30分くらい放置するとよく浸透します。

その後シャンプーすると毛穴の汚れが取れ、皮脂のバランスが保たれるので、頭皮の健康状態を良くすることが可能です。

 

また、髪を洗った後、タオルドライをして数滴髪にもみ込むと、髪にハリとコシ、うるおいを与える効果が期待できます。

フェイスマッサージにも

アルガンオイルは、髪だけでなく肌にも良い作用があるので、顔のマッサージに利用する使い方もオススメです。

フェイスマッサージをすると肌のキメを整え、保湿し、ターンオーバー正常にする効果が期待できます。

適量をとって顔全体を優しくマッサージすると、ニキビに対しても効果的です。

いつものコスメに混ぜて

顔やボディーに、クリームやローションとしてアルガンオイルを使用する使い方もあります。

普段使っている化粧水やクリームに1、2滴混ぜるだけで、優れた効果を発揮します。

さいごに

アルガンオイルはビタミンEが豊富で若返りのビタミンとも言われ、エイジング世代には嬉しい効能がたくさんあります。

オイルですが肌なじみもよくベタつきもありません。

乾燥が気になる季節はもちろん、エイジング対策としてアルガンオイルで美肌を目指しませんか♪


スポンサーリンク