大人ニキビの原因は?その対策を紹介!

スポンサーリンク

若い年代特有のものと思っていたニキビ。

実際には20代以降もニキビに悩む人は少なくありません。

10代の頃のニキビと大人ニキビ、同じニキビと言ってもその特徴は全く異なるのです。

大人ニキビと思春期の頃のニキビの違い

繰り返し何度も同じ個所にできる、なかなか治らない、跡が残りやすいなどの厄介な特徴を持つ大人ニキビ。

その大人ニキビに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

 

思春期のニキビは、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まりアクネ菌が繁殖して引き起こされるニキビです。

大人ニキビの原因としては、次のものがあげられます。

  • バランスの悪い食生活による栄養の偏り
  • 寝不足
  • 運動不足による代謝の低下
  • 不規則な生活リズム
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 疲労
  • ストレス
  • 喫煙
  • 肌の乾燥
  • 加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドの減少

 

これらの原因により肌環境が悪化すると角質のバリア機能が低下し、ターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れなどが生じてニキビができてしまうというメカニズムです。

ターンオーバーが不活発になっている状態なので、ニキビができるとなかなか治らずに色素沈着を起こして跡が残ってしまうという問題も生じます。

【ファンケル】大人ニキビを繰り返さない!!無添加アクネケア

やっかいな大人ニキビへの対策

大人ニキビの改善や予防のためには角質のバリア機能を高めてターンオーバーを活発にさせて肌細胞の再生がスムーズに行われる健やかな肌環境に整えるということが重要なポイントとなります。

そのために積極的に行うべきことは、徹底的な保湿ケアです。

肌の乾燥が大人ニキビの大敵になるということをきちんと理解しておきましょう!

 

思春期ニキビの場合は皮脂の分泌が多い額や鼻などのTゾーンにできやすいという特徴があります。

しかし、大人ニキビの場合は乾燥しやすい頬や口の周りや顎や首筋などのUラインにできやすくなります。

 

具体的な対策方法についてですが、洗顔はたっぷりの泡で角質を傷つけないようにやさしく洗い上げましょう。

ふき取り化粧水やピーリング剤やパックなどで角質ケアをしたり、化粧水をつける前にブースターで角質を柔らかくなめらかに整えておくのも効果的です。

そのことにより化粧水や美容液の浸透力がアップし、ひいては保湿力のアップにつながります。

角質のケアをすることで角質層の奥深くまで美容成分やうるおいが行き届きます。

 

丁寧なスキンケアで保湿力をアップさせることができれば、

角質のバリア機能のアップ

ターンオーバーの活性化

肌細胞の再生の促進につながり、ニキビができにくい健やかで美しい肌環境に導くことができます。

さいごに

ニキビができてしまうと、見た目も気になり気分も憂鬱ですよね。

日頃のスキンケアを見直すことはもちろん、体の内側にも目をむけてみましょう!

栄養バランスを考えた良質な食事をとる。

睡眠をしっかりととる。

規則正しい生活リズムを身につける。

適度な運動で代謝を高めたり疲労回復やストレス解消に努めたりすることも大切です。

大人ニキビのケアにはこちら→【ファンケル】たっぷり1ヵ月試せる無添加アクネケア

スポンサーリンク