紫外線対策は365日、毎日の習慣に

スポンサーリンク

突然ですが、あなたは紫外線対策できていますか??

日焼けしたくない!
と思っている人はきっと多いと思います。

夏の日差しの強い日や、アウトドアレジャーの時などのUVケアに余念がない人も、普段の生活ではどうでしょうか?

曇っている時や、少しの間の外出時、紫外線対策はしていますか?

 

紫外線への対策が必要なのは真夏の暑い季節だけではありません。

毎日の暮らしにしっかりとUVケアを取り入れ、紫外線から肌を守りましょう。

紫外線対策は日々の積み重ねが大切

UVケアといえば、やはり夏が中心というイメージが強いと思います。

涼しくなったら日焼け止めはもう塗らない、
なんていう人もいるかもしれませんね。

けれど、紫外線は夏以外も一年を通して降り注いでいます。
夏が終わったからと、紫外線対策を怠ると将来シミやシワに悩むことになるかもしれません。

毎日UVケアは面倒に感じることもあるでしょうが、未来の自分のためにぜひ習慣にしましょう!

こんな場面でも紫外線対策が必要

室内

紫外線は、窓ガラスを通して室内にも届きます。

屋外だけでなく、室内や車内でもしっかりと対策しましょう。

曇りの日

曇りの日でも紫外線は、降り注いでいます。

雨の日でも、晴れた日の30%の紫外線が降り注いでいるので油断は禁物です。

朝・夕方

一日の中での紫外線量のピークは10時から14時です。
ですが、朝や夕方にも紫外線は降り注いでいます。

紫外線のダメージは肌に蓄積されるので、通勤や通学、ジョギングなどで紫外線を浴びる習慣のある人はしっかり対策をしたいですね。

毎日の紫外線対策

日焼け止め

日焼け止めクリームやUVファンデーション、UV効果のあるリップクリームなどで紫外線から肌を守りましょう。

塗るのが面倒に感じるかもしれませんが、紫外線は間違いなく肌にダメージを与えています。

この日焼け止めでケアする習慣があるのとないのとでは、後々の肌に変化が出てきます。

服装

肌の露出をさける服装を心がけましょう。
暑い季節などは長袖のカーディガンなど羽織るものを持ち歩くと安心ですね。

日傘、帽子、サングラス、ストールなどの小物で紫外線から肌を守ります。
このとき小物の色は、白よりも黒や紺などの濃い色のほうが紫外線を通しません。

最近は、UVカット効果のある衣類や小物も売られていますので、そういったものを利用するのもオススメです。

さいごに

いかがでしたか?

紫外線のダメージはすぐに目に見えないことも多く、紫外線対策を面倒に感じてしまうかもしれません。

けれど、将来後悔しないために今からしっかりと対策をして、いつまでもキレイな肌でいたいものですね!

 

スポンサーリンク